ポートウェルジャパン株式会社 Bookmark and Share サイトマップ
HOME >> ニュース一覧

第4世代 Intel Coreプロセッサ対応
PICMG1.3 『ROBO-8112VG2AR』発表


  産業用PC (IPC)市場に於いて世界をリードするイノベーターであり、Intel® Intelligent Systems AllianceのPREMIERメンバーでもあるポートウェル社は、第4世代のIntel® CoreTM プロセッサファミリーとIntel® Xeon® E3-1200 v3ファミリーに対応したPICMG1.3 SHB (System Host Board) 『ROBO-8112VG2AR(以下、ROBO-8112)』を発表しました。同SHBは、高性能と優れたシステム信頼性及び機能拡張のフレキシビリティを兼ね備えており、産業用オートメーション、画像処理装置、医療機器及び軍事機器等のアプリケーションに最適です。

  ROBO-8112は、Intel® C226チップセットをベースとし、第4世代のIntel® CoreTMプロセッサ i7-4770TEやIntel® Xeon®プロセッサ E3-1275 v3/E3-1225 v3/E3-1268L v3に対応し、DDR3 SDRAM対応のDIMMソケットを2本実装し、1600MHz、最大16GBまで増設可能。また、Intel® Xeon®プロセッサ E3-1275 v3/E3-1225 v3/E3-1268L v3はECC機能に対応します。

  Intel® Xeon®プロセッサに統合されたPCI Express3.0は、x16を1つ、x8を2つ、x8を1つとx4を2つ、といった柔軟性があり様々なアプリケーションに適合します。ROBO-8112は、高速信号の技術設計に最適化されており、特にPCI Express3.0では、信号品質を確保する為にデータ転送検証のみならずアイダイアグラム検証の恩恵があります。

  第4世代のIntel® CoreTMプロセッサファミリーには、広範囲なエンベデッド・アプリケーションの為にDirectX®11.1やOpenCLTM1.2に対応し、卓越した3Dパフォーマンスをもたらす強化されたグラフィックスエンジンが統合されています。また、DVI-I(VGAとDVI-D)、HDMIを介してトリプルディスプレイに対応し、クローンモードと拡張モードの双方に対応しています。

  更に、ROBO-8112は、デュアルIntel®ギガビットイーサネットLANチップを実装し、 Intel® Active Management Technology 9.0に対応することが可能です。また、SATAIII (6Gb/s)を3ポート備えているだけでなく、シリアル(1つはRS232, 1つはRS232/422/485選択)を2ポート、FDDポート、マウスやキーボード用にPS/2インターフェース、パラレルポートを実装することで各種レガシーデバイスにも対応し、従来のファクトリーオートメーションのアプリケーションにも提案可能です。また、USB3.0は6ポート(内2つはブラケット上、4つはピンヘッダ)あり、データ転送時間を大幅に短縮することが出来ます。

  ポートウェル社は、ROBO-8112向けに新しいバックプレーン「PBPE-11A3」と「PBPE-12P4」を用意しました。いずれもグラフィックスパフォーマンスを向上させる為の優れたデータ転送帯域幅を提供するPCI Express3.0に完全対応します。新しい世代に向けて、増加する荷重及び、産業用アプリケーションの複雑なコンピューティング要件に向けたソリューションとして、ポートウェル社はPICMG1.3 SHB及びバックプレーンを提案します。

ROBO-8112VG2ARの製品ページ

▲ TOPへ戻る
  Copyright© Portwell Japan, Inc. All rights reserved. 製品情報 |  サービス |  サポート |  ニュース |  お問合せ |  企業情報 |  eストア